横向き枕マニアがおすすめする枕をランキングにしてみた

快適に横寝するための横向き枕

横向きだと呼吸が楽になる

横向き寝だと気道が確保しやすく呼吸が楽になるため、疲労感軽減が期待できます。

 

横向きだと脳内の不要物質が排出されやすい

アルツハイマー病を引き起こすアミロイドβという脳の「ゴミ」を最も排出しやすい寝姿勢は横向き寝でした。

 

横向きだと内臓負担も少ない

右を下にして寝ると、肝臓が下になって心臓が上になります。そのため心臓への圧迫が軽減されます。また胃の出口が下側になるため消化も楽になります。

 

「どんな姿勢で寝るか」と聞かれたら、きっと多くの人は仰向けと答える事でしょう。しかし横向きに寝る人もたくさんいます。

 

ある調査では日本人の約4割は横向きに寝ます。仰向けに寝る人も同じくらいいます。この2つの寝姿勢はどちらもメリット・デメリットがあります。しかし最近は横向き姿勢で寝る事のメリットがより注目されるようになっていると言えます。

 

特に右側を下にして寝ると、様々な健康効果や安眠効果があるとされています。多くのメディアで横寝の良さが取り上げられていて、それに応じるようにして横向き枕もいろいろな種類が販売されています。それぞれの商品に特徴やこだわりがあります。

 

基本的に横向きに寝るメリットとしては以下のようなものがあります。それは呼吸の改善と、脳内不要物質の排出、そして内臓負担の軽減です。

 

横向き枕は何が魅力なの?

横寝のメリットについてさらに具体的に見てみましょう。まず呼吸がスムーズになるということです。仰向けに寝る時と比べると横向きに寝る場合はイビキが少なくなります。

 

これは何故かというと、気道が狭まらないからです。仰向けの時は重力の影響によって舌やのどや頬の筋肉が押されてしまいます。そのため気道が狭まります。

 

そうすると空気がそこを通る時の摩擦音としてイビキが発生します。イビキをかいて寝るということは呼吸がままならない状態で寝ていることで、それはちょうどストローで風船をふくらませているようなものです。そのような呼吸状態ではエネルギーが無駄に使われ、疲労感が生じてしまいます。

 

横向き寝だと気道が確保しやすく呼吸が楽になるため、疲労感軽減が期待できます。

 

また横寝は脳への良い影響があることも分かっています。ニューヨーク州立大学ストニーブルック校の研究によると、アルツハイマー病を引き起こすアミロイドβという脳の「ゴミ」を最も排出しやすい寝姿勢は横向き寝でした。

 

さらに右を下にして寝ると、肝臓が下になって心臓が上になります。そのため心臓への圧迫が軽減されます。また胃の出口が下側になるため消化も楽になります。

 

横寝するメリットとデメリット

横向きに寝るメリット

呼吸の改善、脳の掃除のしやすさ、そして臓器への負担軽減などが主な要素としてあげられます。

 

横向き寝のデメリット

身体の姿勢が左右非対称になるため、骨盤の歪みに影響が出ることです。

 

横向き寝はオススメの寝姿勢

デメリットはあるもののメリットが上回ると言える横向き寝はオススメの寝姿勢です。

 

横向きに寝るメリットとしては、上記のように呼吸の改善、脳の掃除のしやすさ、そして臓器への負担軽減などが主な要素としてあげられます。

 

よく言われるように、多くの動物や妊婦や胎児は横向きの姿勢を取って寝ています。このことからも分かるように横向き寝は体の負担が少ない自然な姿勢と言えます。このように横向き寝には様々なメリットがあります。しかしデメリットがないわけではありません。

 

横向き寝のデメリットは、身体の姿勢が左右非対称になるため、骨盤の歪みに影響が出ることです。

 

骨盤は背骨や首の骨とも連動するため、歪みをずっと放っておくのは良くありません。ただし歪みそのものは寝姿勢のみに影響されるわけではなく、日中の姿勢によっても起こります。そのため寝姿勢だけで起こる歪みはあくまで限定的なものです。

 

骨盤の歪みはストレッチなどを取り入れることで少しずつ解消していけます。

 

デメリットはあるもののメリットが上回ると言える横向き寝はオススメの寝姿勢です。

 

横向き枕の相場費用や便利な使い方

横向き枕を使いたい人はたくさんいると思います。しかし気になるのはその値段でしょう。

 

横向き枕の中には、仰向けと横向き両方に対応した作りになっているものもありますし、どちらかというと横向きオンリーで使用する事を意識したものもあります。また商品の価格は物によって大分異なります。

 

そのため相場費用は断定しにくいです。しかし下記で紹介している横向き寝を意識した枕の平均的な価格を計算すると、だいたい10,000円前後といったところです。5,000円前後のものもありますし、20,000円近いものもあります。

 

枕に万単位のお金をかけるのは少し気おくれする人もいるでしょう。しかし大切に使えばある程度長持ちします。また1日のうち約3分の1の時間を費やす睡眠グッズということを考えると、ある程度投資する価値はあります。

 

枕の中には非常に安くて数百円程度で買えてしまうものもあります。しかし安くて質の悪いものは体に合わずかえって体の負担になってしまう可能性もあります。

 

そのため健康への投資ということで質の良いものをそれなりの対価で購入するのは長い目で見れば賢い洗濯です。

 

横向き枕を使用する時は、マットレスも同時に見直すと良い使い方になります。肩や首の負担を軽減した寝方をするには、肩や背中が触れるマットレスの適度なホールド感が求められます。柔らかすぎるものや硬すぎるものは、寝姿勢をまっすぐにしてくれません。

 

ある程度柔らかみがありながらも沈み込みすぎないマットレスと併用して寝ると、さらに横向き枕の効果が期待できます。

 

横向きに寝るメリットとしては、呼吸の改善、脳の掃除のしやすさ、そして臓器への負担軽減などが主な要素としてあげられます。

要点を紹介するキャラクター

 

横向き寝にぴったりなおすすめ枕5選

横向き寝を促進する枕としてオススメの商品を5つご紹介します。どれも人気のある商品です。

 

画像名を入力

YOKONE2の特徴

まずはYOKONE2です。YOKONE2はmoonmoonという会社の枕です。Nスタや東スポ新聞等数多くのメディアに取り上げられている注目の枕で、横向き寝専用枕として横寝を前面に押し出しています。大手モールで継続的に人気1位を獲得している実力があり、YOKONEの後継として今回YOKONE2がリリースされています。BESLI CLINIC院長もその実力を認めていて、仰向けしやすい枕としても注目です。
特許の技術で頭、首、肩、腕の4点を支える仕組みになっていて、いろいろな体格の人にも使いやすくなっています。特典もいろいろありおトク感があります。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
YOKONE2の総評
  • 1週間の返金・返品保証
  • 3段階の高さ調整可能
  • 2個以上の申し込みで枕1個プレゼント
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

スリープマージピローの特徴

スリープマージピローは眠りと癒しの専門店ASMOTが開発した横向き枕です。100年以上繊維産業に携わっているKURABOとタッグを組んで作った一品です。開発された特殊フォームは頭部から首、肩へと体型に合わせて形状変化することですいつくような感触で体にフィットします。

特徴的なのは2段がまえのフォームです。上部のレジェンドフォームで体を優しくフィットさせ、そこに下部のラバリーフォームを組み合わせることで過度な沈み込みを防止しています。
高さは2段階に調整可能で、高めが好きな人や低めが好きな人に合わせられるようになっています。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
スリープマージピローの総評
  • マルチウェーブカットで体にやさしい寝姿勢
  • 横幅60センチのワイド設計
  • 吸汗、速乾性能が高いドライタッチのカバー
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

もっと横楽寝の特徴

もっと横楽寝は、あの寝具の名門である東京西川の横向き枕です。累計300万個を突破している大人気の枕です。この枕は整形外科医の奥山先生の推薦も受けている枕で、高さ調整シートとパイプで高さ調整が自在に行えます。奥山先生によると後頭部と首と肩の圧力比が一定のバランスになると寝心地が良いと感じられます。その三点支持理論を踏まえつつ作られた仕上がりになっています。

表面は柔らかなニット素材で気持ち良く、側生地にはコラーゲン加工が施されていています。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
もっと横楽寝の総評
  • 三点支持理論踏襲の枕
  • 補充用パイプで高さを自由に調整
  • 横向き、仰向け両方に対応
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

BlueBlood 3Dピローの特徴

BlueBlood 3Dピローはトリニティーの枕です。この枕は睡眠の大きな悩みの一つであるいびきと、首がまっすぐの状態になってしまうストレートネックに対応した枕です。

素材はウレタンの芯材とBluBloodと呼ばれる、もこもこ膨らむ溶液です。この溶液は数分かけて独特の柔らかさを持つ個体になる特殊な物質で、柔軟性と復元力に優れています。素早く沈み込んで適切な高さで支える仕組みになっていて、睡眠を快適にします。
枕カバーはシルクの様な滑らかさを持ち、吸汗性や速乾性に優れています。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価3.5
BlueBlood 3Dピローの総評
  • 100%天然由来のカバーで衛生的
  • 背中と首をつなぐブリッジつき
  • 特殊製法インサートモールディングの新構造ピロー
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

スリープバンテージの特徴

最後に紹介するのはあのフランスベッドの枕スリープバンテージです。その特徴は何と言っても左右非対称の形状です。

ひらがなの「し」を逆さにしたような形状で、頭と首と肩と背中をしっかりサポートするようになっています。背骨が床面と平行になるため、自然な寝姿勢になります。長いサイドを前向きにすると抱きまくらのようにしても使える事ができ、より寝姿勢の選択肢が拡がります。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
スリープバンテージの総評
  • ロングテイル使用で抱きまくらスタイルが可能
  • 耳用くぼみで耳への負担が軽減
  • 背中までサポートするロングテイル
詳細レビューへ公式サイトへ

 

一番おすすめなのは「YOKONE」

横向き枕で特におすすめはYOKONE2
注目なのは頭と首と肩と腕の4点を支える特許技術
YOKONEはフォルムが特徴的で腕を置くためのスペースが両脇に設置

5つの横向き枕を紹介しました。この中で特におすすめなものを一つ紹介すると、それはYOKONE2です。タイトル名にもよく表れているように、とにかく横寝を促進している枕です。

 

YOKONE2は人気のYOKONEの後継モデルで、テレビや書籍で話題になっています。

 

注目なのは頭と首と肩と腕の4点を支える特許技術です。頭や首を支えるコンセプトはよくあります。

 

しかし腕まで意識してそのためのスペースを確保するなど細かな配慮がなされています。体格差がある男女や大人や子どもだれでも横寝が快適に出来るように高さ調節が3段階と多めにできるのも魅力です。枕は高さが重要です。

 

併用するマットレスの質にもよるものの、枕が低すぎたり高すぎたりすると首が変に傾いた感じになり、重心がまっすぐになりません。細かく調整を施すことで無理のない寝姿勢づくりが実現しやすくなります。

 

YOKONEはフォルムが特徴的で、腕を置くためのスペースが両脇に設置されています。さらに中央部はちょうちょの羽のような形をしていて、上半分が高めで下半分が低めになっています。

 

このフォルムによって腕や肩を支え、お休み前のちょっとした読書もしやすくなります。枕カバーにも工夫がなされています。

 

昔から頭寒足熱が安眠のカギと言われています。それを踏まえて頭を冷やすためのひんやり冷感素材を使用しています。同時に首元は冷やさない素材を使用していて安眠を邪魔しないようにこだわって作られています。ちなみにカバーは洗濯機で丸洗い可能になっています。

 

YOKONE2の購入にはいろいろな特典がつきます。まず2個以上注文するとなんと1個無料でついてきます。

 

これだけで19,440円分お得です。また洗い替え枕カバーも1枚ついてくるため3,240円分得します。さらにうれしいことに1週間の返品返金保証がつくため、初めて購入する人にも安心感があります。

 

公式ページはこちら

 

 

クチコミ情報

体験談1

YOKONE2を使用してみた人の体験談を見てみましょう。あるユーザーは長い間肩コリや首のコリに悩まされていました。せっかく寝ても疲労感はそのまま残っていて、むしろ寝起きの方がより疲れた様な状態になっていました。

 

体を起こしてもそのまま前に倒れてしまいそうな状態で過ごしていました。

 

枕にこだわって何十年といろいろな枕を試しました。素材の違うものをいろいろ試し、低反発や高反発、そば、綿など様々に経験したそうです。

 

しかし寝心地がそれほど良くありませんでした。またオーダーメイドの枕を思い切って買ってみたものの、やはりなかなかしっくりこないまま我慢していました。そこでYOKONEを手に入れます。

 

最初は疑いながら試してみます。新しい枕のため、慣れるために寝返りの練習をしました。すると十分な大きさがあることに気づいたそうです。

 

またサイドにある腕置きが気にいり、そこに腕を置く事で眠りに誘われるようです。

 

最終的な感想として、寝返りのたびにこれまで目が覚めていたのがなくなり、夢を見る疲れることも少なくなりました。

 

頑固な肩コリはまだあるものの、使ってみて睡眠の大切さを実感でき購入して良かったと感じています。

 

体験談2

別の例です。こちらは家族でYOKONEを取り合っているという人の例です。最初はご主人のために購入しました。

 

しかし試しに使ってみた子どもが一瞬で寝入ってしまったようです。よく分からないけど気持ちが良かったということで、子どもにも使いやすい枕だったようです。この人自身も勧められて使ってみたところ、ガチガチだった肩や首周りから力が抜けていくように感じ、いつの間にか寝てしまったそうです

 

そして寝起きの時の疲労感がなくとても良い感じでした。このユーザーと子どもとはストレートネックでした。しかしこの枕を使ってみたところそれがかなり軽減し、ひどかった肩こりもかなりやわらいできたそうです。

 

結果的に家族と取り合いになってしまったため、続いて2つ枕を購入し今では全員使用しています。ご主人は硬い枕が好みなものの、それでもYOKONEを十分使えているようです。

 

更新履歴