もっと横楽寝

もっと横楽寝ってどんな枕?

もっと横楽寝はあの有名寝具メーカーである東京西川が作っている枕です。累計なんと300万個を突破している人気の枕です。

 

つい横向きで寝てしまうような心地良い眠りを演出する横向き促進枕です。

 

さつぎが丘医院院長の医学博士奥山先生も推奨している注目枕です。奥山先生は「三点支持理論」という、人が寝心地が良いと感じる時の後頭部と首と肩の圧力比(後頭部2.5:首1:肩1.2)を表した理論を提唱しています。もっと横楽寝はこの理論を意識しています。

 

生地にはキルティング加工が施されており、やわらかいタッチの両サイドのマチを高くしているため横向きになった際の高さが安定します。高さ調節ももちろん可能です。

 

高さ調整は高さ調節シートや通気性の良いパイプで行います。補充用パイプがついてくるため、好みに合わせて自由に調節可能です。

 

もっと横楽寝の口コミは?

商品を購入する時に役立つのが、すでに使ってみたユーザーの口コミ情報です。もっと横楽寝を使った感想はどんなものでしょうか。

 

家族用に購入しました。初日から「硬さが絶妙で使い心地が良い」と言われ、買ってよかったと思います。 自分用にも買おうかと現在検討中です。

 

枕を変えてから、首のコリや片頭痛が楽になりました。息子も気に入ったので、もう一つ購入しました。

 

配送の希望の問い合わせに、すぐに、メールで返事をいただき、変更の手続きを素早くして頂いて、本当に助かりました。枕も肌に当たる肌感覚が、心地よくフィットしやすいです。少し高かったので、パイプを減らしましたが、パイプがへこんできたときには、また、調整のため補充できるように、補充分がついているので、便利です。
横向きに寝る人ように上手く考えた枕だと思いました。

 

まだ高さ調整中ですが初日の使用後の朝、妻が肩が凝ってないと驚きと喜びの感想。
とても良かったようです。それと毎晩ジェット機が飛んでた寝室も今は静かです。 妻のイビキがうるさかったのがあら不思議、イビキをかいてません。
首の角度が良いのでしょうね。 イビキをかかなくなった分ノドも痛みもなくなったの事で相当評価高いです。良い睡眠が取れて妻は喜んでます。

 

もっと横楽寝の値段はどれくらい?

もっと横楽寝はカラーがピンクとブルーの2つあります。男性用と女性用とで選びやすくなっています。

 

値段は税込5,400円です。比較的手が出しやすい金額と言えます。送料は別途かかります。

 

専用のピローケースも売っています。価格は税込で1,620円です。

関連ページ

YOKONE2
YOKONE2という枕が人気になっています。この枕はmoonmoonという会社が作っている枕で、ユニークなことに横向き寝専用まくらです。この枕はテレビや書籍で話題になっています。
スリーフ?マーシ?ヒ?ロー
スリープマージピローはASMOTの枕です。ASMOTは創業以来1,000万個以上の枕を作り続けた眠りの専門会社です。スリープマージピローはGooビジネスEXやテレネック、財経新聞、マピオン、インターネットコムなど69社のメディアに取り上げられています。
トリニティー
BlueBlood4Dピローはトリニティーの枕です。BlueBloodは溶液のことです。この溶液はモコモコ膨らんで生き物のように変化し、独特の柔らかさを持つのが特徴です。この枕はいびきとストレートネックに対応する枕として作られました。
スリーフ?ハ?ンテーシ?
スリープバンテージは有名寝具メーカーのフランスベッドの枕です。フランスベッドという時点で自然と安心感が出てくる人もいるでしょう。スリープバンテージは横向き寝を促進するための枕です。特徴的なのはU字型のフォルムです。